安く楽器レンタル(シェア)を利用しませんか? | 安い楽器レンタル(シェア)なら

手作りバイオリンを弾いてみたいなら楽器レンタル(シェア)!~購入するよりも安い価格で手作りバイオリンが弾ける~

工場製に比べて手作りのバイオリンは価格が高く、購入には勇気が必要です。しかし手作りのバイオリンは他にない音の良さ、見た目の美しさ、育てる楽しみがあります。手作りバイオリンと工場製バイオリンには、どのような違いがあるのでしょうか。

新作バイオリン

新作バイオリン

分かりやすい言葉で表現すれば、「手作り」のバイオリンです。戦後生まれまたは存命中の製作者による作品をコンテンポラリーバイオリン、19世紀初頭~戦前生まれの作品はモダンバイオリンとも呼ばれます。

手作業で細部までこだわって作られているため、音の鳴り(響き)が良いのが特徴です。また、弾けば弾くほど弾き手に馴染み、少しずつ良い音に変わっていきます。ニスの塗りムラもなく、木材の風合いを活かした美しい見た目に仕上がります。外観・音ともに製作者の手で調整するため、完成度は製作者のスキルに委ねられます。

また、製作者の知名度が高ければ価格も高くなり、海外製のものや無名の製作者が作ったバイオリンは安い傾向です。無名でも優秀な製作者がいるため、完成度の高いバイオリンが安価で手に入る可能性もあるでしょう。

半手工製バイオリン

音質に影響する部分は手作りで、それ以外は機械を使って作られるのが半手工製バイオリンです。新作バイオリンは板の厚みを細かく調整して良い音を作り出しますが、半手工製バイオリンでは行われません。そのため全体的に板厚が厚くなり、重さが増します。

また、音も響きにくくなります。ニスは手塗りのものもありますがスプレー塗布のものも多く、色むらが出る場合があります。また、何年も弾き込んでも音の変化は感じにくいと言えるでしょう。

工場製バイオリン

工場製バイオリン

楽器の安定供給に寄与しているのが、工場製バイオリンです。製作のほとんどの工程を機械で行っており、新作バイオリンよりも安い価格で手に入ります。手工製では板を掘って隆起を出しますが、工場製の場合は熱で板を変形させます。

またニスはスプレー塗布のため塗りムラが出やすく、いくら美しい木目の板材を使っても色がまだらになってしまうことも。厚い板を使っているため鳴りにくさを感じることがあり、重さもあります。工業技術は日々進化しており、工場製であっても一定の品質が保たれていることは間違いありません。しかし、木製楽器ならではの音の変化や色合いの変化は楽しめません。

楽器を購入するよりも安い値段で利用できる楽器レンタル(シェア)では、新作バイオリンもレンタル(シェア)することが可能です。atsumariでは、バイオリン職人が精魂を込めて作り上げたハンドメイドのバイオリンをご用意いたします。バイオリン・チェロ・ウクレレなどの弦楽器を中心に扱っており、個人間で楽器をシェアすることができます。手作りバイオリンを弾いてみたい方、鳴りの良さを実感したい方はぜひatsumariの楽器レンタル(シェア)サービスをご利用ください。

楽器を購入するより安い!楽器レンタル(シェア)ならatsumariへ

会社名 合同会社atsumari/atsumari LLC.
住所 〒101-0052 東京都千代田区神田小川町2-10-3 デュオスカーラ御茶ノ水403
TEL 03-4405-1196
E-MAIL contact@atsumari.co.jp
URL https://atsumari.co.jp/
事業内容
  • 個人間楽器シェアリングプラットフォームの運営
  • 弦楽器の卸売り
ページ先頭へ戻る
読み込み中です