Free as SingingBirds for Better Music Life

会社概要

ヴァイオリン奏者とヴァイオリン職人による
より豊かな音楽社会のための企業

合同会社atsumari

【atsumari:楽器シェアリングアプリ】と【fine violins by atsumari】を運営する合同会社atsumariは、
ヴァイオリン奏者の木附 篤人とヴァイオリン職人のカポラリ真亮により
2018年に設立されました。

“鳥のように美しく音色を奏で、自由に成長し羽ばたいてゆく”

“音楽を楽しむ人々が、”アツマリ”。より豊かな音楽社会のための “機会”や “場” を提供する”

という企業理念のもと、ヴァイオリンのディーリング事業の他、
楽器シェアアプリのサービスも展開しております。

  • 木附篤人の写真

    Atsuto Kizuki木附 篤人

    1992年12月生まれ。東京都出身。
    学習院大学大学院にて、経営戦略・ブランド戦略を研究し、経営学修士(MBA)を取得。
    幼少期より現在までヴァイオリンを嗜んでいる。
    共同設立者のカポラリとは、中学時代からの友人である。

    大学入学以前より起業願望を持ち、常に新規事業について模索していた。大学院に進学後もその意思は変わらず、上海へ現地調査に赴いたこともあった。そんなさなか、日本に一時帰国していたカポラリが弦楽器職人業界の現状を語ったことから、当時の中国でシェアリングエコノミーが注目されていたことに目をつけ、「atsumari:個人間楽器シェアリングサービス」

    https://atsumari.co.jp/を考案した。

  • カポラリ真亮の写真

    Mario Caporaleカポラリ真亮

    1993年3月生まれ。東京都出身。日本の大学を卒業後、Chicago School of Violin Makingに留学し、卒業。留学中、ヴァイオリン製作者の現状や卒業後の働き方などを見てきて、製作者の本音などを見聞きしてきた。その後、楽器業界の現状を一時帰国の際に木附に相談した。その際にシェアリングエコノミーというモデルを楽器に特化出来ればより良い環境を作れるのではという意見に共感し、共に挑戦していくことを決意した。
    atsumariでは、サイト運営の他、ヴァイオリン製作、アメリカとアジアにおける弦楽器の卸売りを担当している。

    オールドヴァイオリンの取扱いは、父が株式会社Caporale&Ochando Fine Violoins と提携しており、テレビ朝日系列お正月スペシャル「芸能人格付けチェック」に楽器提供するなど、幅広いヴァイオリンを取り扱っております。

atsumari コーポレートサイトhttps://atsumari.co.jp

所在地
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町2-10-3 デュオスカーラ御茶ノ水403
設立
2018年09月13日
代表者
木附 篤人/Atsuto Kizuki
E-MAIL
contactatsumari.co.jp
TEL
03-4405-1196
事業内容
・個人間楽器シェアリングプラットフォームの運営(https://share.atsumari.co.jp/
・弦楽器および関連商品の輸出入・販売・修理(https://fv.atsumari.co.jp/
取引銀行
みずほ銀行、三井住友銀行
許可認証等
・古物商 東京都公安委員会 第301021806717号
・電気通信事業 届出済み 届出番号 A-30-16872
・古物競りあっせん業 届出済み
・おもてなし規格認証 紅認証取得済み
・Security Action 申請済み
所属
・一般社団法人シェアリングエコノミー協会
・東京商工会議所